2017年06月06日

AUの短期解約チェックが厳しくなった!?さらに間近に解約履歴があると断られる!携帯乞食に抜け道はあるのか?

AUの短期解約チェックが厳しくなった!?さらに間近に契約があると断られる!携帯乞食に抜け道はあるのか?

AUの携帯乞食が厳しくなっているようです。
間近に短期解約の履歴があると、契約できない人が増えているとのこと。
数年の履歴を見て、短期で契約と解約を繰り返していないかを見ているようですね。

さらに、今回新しく知った情報がこれ。

「契約の前月15日から翌月3日までの間に解約の履歴があると、携帯ショップにインセンティブが入らない」こと。

つまり、前月にAUを解約して、再び他の回線をAUに持ってこようとしても、ダメなんです。

契約自体は通るのかもしれませんが、携帯ショップ側にAU本体からインセンティブが入りません。
なので、お客さんにもキャッシュバックを渡すことはないでしょう。

AUの携帯乞食はだんだん厳しくなってますね。
抜け道としては、家族名義をうまく利用して、立ち回るとかですかね。

うーん。

これならソフトバンクのネット店舗おとくケータイ.netを使ってキャッシュバックをもらっていったほうが楽ですね。


タグ:au 携帯乞食
posted by しーすた at 08:48 | Comment(0) | 携帯乞食情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする