2014年08月12日

お得なMVNO格安SIMカードでスマホを持つデメリットと問題点とは?まとめ



お得なMVNO格安SIMカードでスマホを持つデメリットと問題点とは?まとめ

大手キャリアが揃って基本料金を値上げしたことで、通信料金の安いMVNOに注目が集まっています。
格安スマホということでMVNOを使うと月額1000円とかでスマホ持てちゃうわけですから。

でもデメリットもあります。
MVNOを利用する問題点をまとめました。

1,サポートが薄い
ドコモAUソフトバンクではショップが街中のあちこちにありますので、何かトラブルがあったときすぐに対応できます。
ですがMVNOの各社はサポートがないため、電話などでの対応のみになってしまいます。
スマホ初心者の段階でMVNOを使うと、何か問題があったとき大変です。
携帯に詳しい人がMVNOを契約する分には問題ないのですが、初心者が安いからといって簡単に契約するとサポート面が心配だったりします。

2,通信速度が遅い
MVNOは安い代わりに通信速度が遅い、容量限界がある場合があります。このへんは承知の上での契約だとは思いますが、実際使ってみて不便なようでは困ります。

以上、MVNOのデメリットでした。
大手キャリアが高くなった分MVNOで契約する人は増えてます!

posted by しーすた at 09:56 | Comment(0) | 格安スマホMVNO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: